google-site-verification=il2048KEBE4PR6FulpbbL6zumZsxsYw0I-JUp9zo89M
おすすめアイテム

【懸垂】理想の逆三角形を手に入れよう!広背筋の鍛え方!

キレイな逆三角形って憧れますよね。

これは超新塾のコアラ小嵐さんですけど、このフォルムすごいっすよね。

どうしても腹筋や胸筋がすごいなーとおもってしまうんですけど、本日取り上げたいのは、広背筋です。

どこそこっていうと、ここ

この背中の筋肉がもりっとすると、きれいな逆三角形に見えるんです。

よし!じゃあ広背筋鍛えるべ!

何すんだ?

となりますよね。

そんなところ意識して日常生活しないですもんね。

ということで、何をしたら広背筋を鍛えることが出来るのか紹介していきます。

広背筋を鍛えるには

懸垂です

バーベルを使ったり、ダンベルを使ったりと色々なやり方はあるのですが、

まずオススメは懸垂です。

気を付ける点としては、

・腕で体を持ち上げず、あくまで背中の筋肉を使っていることを意識する。

ことです。

もう少し説明を付け加えると、バーを握る手を肩幅程度しか広げないと全然背中に効きません。

やってみると実感するかと思いますが、腕に効いてしまうんです。

それなので、手を真上に挙げた状態から拳2つ分広げると広背筋に効きます。

ただこれもやってみると分かるのですが、

この腕の筋肉を使わない懸垂ってめちゃくちゃ難しいんです。

私も最初1回も上がらなかったです。

このままじゃそもそもトレーニングにならないじゃないかって状態でした。

そこでどうしたか。

チューブを使いました。

これをバーに巻き付け補助するのです。

最初はこれ見てチャレンジしてみました。

そう!

けんすい、まず1回!

こういう動画が上がるってことは、結構できない人いるんだなと思いちょっと安心しました。

ただ、このチューブの巻き方少しイケてない。

というのも背中に通しているので、思ったよりもチューブの補助が得られないんですよね。

そこでこちら。

こちらの1:44あたりから行われる懸垂。

ダルビッシュ選手もチューブ使って懸垂するんだ!って驚きと、

あーそういう風に使うのかって参考になりました。

どっちが良いというわけでなく、自分のしっくりくるやり方でいいのかなと。

結局私は、ダルビッシュ選手のような足にチューブを通し、補助付き懸垂を始め、1ヶ月で自力で5回まで出来るようになりました。

手順としては、うえで紹介したチューブの一番太いものを使い、

補助ありで10回連続を目指し、毎日懸垂してました。

最初は補助ありでも5回とかそこらだったかな。

次第に出来るようになってきて、補助あり10回連続が簡単になってきたら、次は一段階細いチューブを使い、また繰り返し補助付き懸垂を行う。

そうするとあら不思議。

そのうち自力の懸垂が出来るようになっています。

この段階に来ると、鏡で確認しても分かるぐらい、広背筋付いてきているのが分かるはずです。

やはり筋トレは成果が見れるってのがいいですね。

ということで、

広背筋を鍛えるには懸垂

懸垂できない人はチューブで補助付き懸垂から始める

この2点はお手軽広背筋セットだと思うので、是非お試ししてみて下さい。

それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA